株マイスターについて

投資顧問会社を選ぶポイントと悪徳業者の特徴

投資顧問会社を選ぶポイントについて説明する男性投資顧問会社を選ぶポイントは実績です。信頼できるだけの実績を残しているのかどうかをしっかりと調べるようにしましょう。
その上で助言が自分の考え方とあっているのかどうかということを確認するようにします。投資顧問会社はあくまで出来るのは助言であって、投資に対する責任を負うことはありません。
ですから、その助言が自分の考えに近いもので納得できるということが大切になるわけです。自分が知らないことを何でも知っているので信頼できるというのではありません。
自分が知らないことを知っているのであれば、それを分かりやすく説明して投資に対してそれが役に立つようにするというのが投資顧問会社の仕事です。

よく勘違いするのが投資顧問会社は必ず儲かる銘柄を選んでくるというようなことを考えたりする人がいますがそうではありません。
投資に対して助言を行うだけですから、投資会社がどういう考え方をしているのかということは、依頼をする人に理解されて初めて意味を持つことになるということです。

これが悪徳業者との違いでもあります。
悪徳業者は大きく分けて二つの特徴があります。

断定することで必ず儲かるかのような錯覚を起こさせる

これをすれば必ず儲かるというようなことを言うわけです。ですが、当然悪徳業者はその結果に対して責任は持ちません。
本当に必要なことは必ず儲かるということを説明するのではなく、リスクについて説明することが助言に求められることです。
「こういうリスクがあります。こうなる可能性があります。」ということついて、しっかりと説明するのがいい投資顧問会社ですが、悪徳業者は悪いことに関しては何も説明はしません。
場合によっては損失がもし出れば自分たちが責任を負うとまでいうようなところもあったりするわけです。

一切の責任を放棄する

契約金だけもらったら後は何もしないし何も言わないというケースです。
助言というのは非常に曖昧なものですから、情報の獲得にどれだけの費用がかかったのか、どれだけの重要な情報なのかということは、サービスを受ける方には全く分かりませんから、契約金が妥当なのかどうかもよく分からないわけです。
成果とは関係なく契約金さえもらえれば後は何もしないというようなところもあるわけです。
ですから、実績というものが大切になります。どういう実績を残しているかでそこのサービスの質がある程度見えるからです。